看護師になって気がついたことなど

看護師になって気がついたことなど

看護師は患者さんに色々な治療の説明をしたり、手術の説明をしたりするに当たり前に専門用語を使ってしまうようなことがあります。看護師や医師の中では当たり前に使っている言葉なので、患者さんに説明する時にもつい使ってしまうのですが、実はこうした専門用語というのは患者さんには理解ができないのですごく難しい部分になってしまうということを、看護師として働くようになってから知りました。私たち看護師の中ではとても簡単で理解ができるだろうと思っているような言葉でも患者さんには理解ができないことが沢山あるので、必ず患者さんがわかるように説明してあげなくてはなりませんよね。

万が一わからないまま患者さんが納得してしまい、治療などを了承してしまうようなことがあったらとても大変だと思います。私は看護師として働くようになってからこういった部分に気がついたのですが、気がつかずに淡々と説明を繰り返している看護師などもいるので気が付いたときには教えてあげるようにしています。やはり、患者さんの立場に立つというのはこのような細かな部分でも大切なことだと思うので私だけではなく他の沢山の看護師が同じように考えながら患者さんに接していくことができるようになれば、患者さんも安心して治療に打ち込めるのではないかと思っています。自分たちの中での当たり前を患者さんに押し付けてしまうのは良くありませんね。

看護師の転職

看護師な気がつきにくい部分です。

看護師は勉強している学生時代から専門用語を使っていきますので当たり前になっている言葉でも患者さんにとっては全く理解ができないということは頻繁にあると言われています。特にお年寄り等の場合には分からないまま頷いてしまったりすることもありますし、自分の中で想像していた治療とは違っていたなんていうこともあるようなので、必ず患者さんがわかるように説明をしていなくてはなりません。病気についてや病気の進行度についてなども専門用語を使ってしまうと、患者さんに必要以上の不安を抱えてしまうことになるのでそういったことがないように細かな説明をしてあげるようにしましょう。

また治療に関してだけの部分ではなく、その他の部分でもしっかりと管理者の立場に立つというのは看護師として本当に大切なことだと思います。特に若い看護師などの場合にはこうした部分に気がつかず、自分の仕事に必死になってしまい、患者さんに対して優位はなくなってしまうことがあるので先輩看護師な気がつくようなことがあれば教えてあげると良いですね。

SimpleBeatytheme by Gargron