ヘッドハンティングが頻繁

ヘッドハンティングが頻繁

看護師は一つの病院で勤務をするようになると、よほどのことがない限り同じ病院で勤務をすると思われているイメージが強いと思いますが、実際には他の病院からのヘッドハンティングや医療業界からのヘッドハンティングが頻繁にあります。すべての看護師さんがそうなのかというのはわかりませんが、私の場合には薬を運んでくる業者さんから治験関係のお仕事をさはないかとヘッドハンティングされたりすることもあるし、お忍びで他の病院の医師が診察に来た際にコッソリとヘッドハンティングされたりするようなこともあります。

私自身は今の病院を離れるつもりがないので、声が掛かってもいつも断っているのですが、看護師はこんなにもヘッドハンティングが多いのかと少し驚いています。突然仕事を辞めていく看護師もこれまでにいたのですが、そういった看護師さんはもしかするとヘッドハンティングを受けていたのかもしれません。やっぱり今の現状よりも給与も良くなるし、自分の中で働きやすいと思えるような条件を提示されるので、ヘッドハンティングに魅力を感じてしまう看護専門いるのだと思います。悪いことだとは思いませんが、私は今働いてる職場で多くの患者さんがいるし、私はとても合っている職場だと思うので、ヘッドハンティングには今後も恐らく応じないと思います。

看護師転職

ヘッドハンティングされるのは仕事ができる証拠

本人がヘッドハンティングを受けるか受けないかは別として、ヘッドハンティングを受けというのはやはりそれだけ仕事ができていると言う証拠になると思います。またヘッドハンティングされる場合には突然ヘッドハンティングされているわけではなく、必ず下調べが入っていますので、他の看護師さんからの評判が良かったり、患者さんからの評判が良い看護師だったりする人をヘッドハンティングすることが多いようです。

ヘッドハンティングというのはお給料の面に関しても条件が非常に良いものが多いので魅力的に感じてしまい突然仕事を辞めるなどと言う看護師さんがいるようですが、この部分に関しては、一人ひとりの看護師さんによって考え方は違っていると思います。もちろん収入の部分で魅力を感じてヘッドハンティングに応じるのは悪い事ではありませんし、自分の身の回りの看護師がヘッドハンティングに応じたからといって文句を言うようなことでもありません。ただやはり看護師として働いていく以上、収入ばかりに気を取られて転職を繰り返したりするような事は避けたいですね。

SimpleBeatytheme by Gargron