新人ほど緊張しない

新人ほど緊張しない

新人の看護師はとても緊張してしまい、仕事でミスをしてしまうなどというイメージを持たれているようですが、私は新人の頃、ほとんど緊張することはありませんでした。それはどうしてかというと、緊張を通り越して右も左もわからない状態だったので、先輩に言われたことをしっかりとこなしたり、患者さんに対して接する事で精一杯だったからです。わかりやすく言ってしまえば緊張している暇もなかったということですね。

色々と余計なことを考えると、とても緊張してしまうと思いますが、私の場合には余計な事を考えず、その時その時で先輩看護師からの指示を守ることがまず最優先で、患者さんと接していく中でも患者さんの性格を見抜いたり、患者さんがどうしたいのか、どうすれば笑ってくれるのかを一所懸命に考えていたので、仕事に対して緊張してしまうということはありませんでした。そのため仕事をしていてじめて緊張したのは今でもはっきり覚えていますが、看護師になって3年が経過した頃、認定看護師にならないかと話があった時でした。これまである程度仕事もしてきていましたが、認定看護師になって働いていくとなると、更に勉強しなければいけないし、私自身にそれだけのキャパがあるのかと考えたらとても緊張してしまい、研修に出ることもできず、現在は認定看護師にはならず、看護師として働いています。本当に新人の頃は緊張することがなかったのでそれだけ自分に余裕がなくて一生懸命だったと懐かしく思うこともあります。

ナース人材バンクのクチコミ

程よい緊張感が難しい

何でも初めての仕事などの場合には当然緊張してしまうと思いますが、特に看護師の場合には患者さんと接していかなくてはなりませんし、自分が万が一気を抜いてしまえば大きなミスに繋がってしまうので非常に緊張すると言われています。しかし、上記の話に出てきた看護師さんのように、医師や患者さんに対して精一杯の努力をしていると緊張する暇さえなくなってしまうのです。これはすごく良いことだと思います。あまりにも緊張していて手先が震えた状態で仕事をするなどというよりも、緊張することさえ忘れてしまい、仕事に対して一生懸命に打ち込むというのは看護師として本当に輝かしい姿ではないでしょうか。

ほどよい緊張感というのは非常に難しい部分だと思いますが、仕事に対して一生懸命になり緊張感を忘れてしまい、パニックになってしまうのではなく、しっかりと一つ一つの仕事をこなしていけるというのは本当に程よい緊張感だと言えると思います。特に緊張してしまうようなタイプの場合には、こういった部分を意識しながら落ち着いて仕事をしてみると良いのかもしれませんね。

SimpleBeatytheme by Gargron